ミクロマン:ロボットマン

 

ようこそ!!

当ブログは、ミクロマンやトランスフォーマーを中心に昔のおもちゃを紹介しています。

 

はじめに
このブログはあくまでも個人の感想です、ご理解のほどお願いします。

 

 

今回、ご紹介するのはロボットマンでーす!!

 

子供のころ、ロボットマンが欲しくて欲しくてたまりませんでした。

 

ロボットマンはミクロマンの乗り物と言いながら、サイボーグという設定も...泣かせる。

 

大人になってから初版品のロボットマンを入手しましたが開けることができず大事に箱にしまってました。

 

そして、2001年に復刻され、何とか1個だけ手に入れたけど、これも開けることができず箱にしまってありました。

 

そして今回、復刻版の2個目をゲットしたのでお披露目したいと思います。

 

<パッケージ>

正面

初版品とはよく似てますが、中がダンボール(厚紙)ではなくなってます、復刻版とも書いてあります。

 

 

背面

色々とかいてあります、対象年齢15才以上となっています。

 

 

側面

何か部品がついてるようにも見えますが、付属はしていません(昔も一緒です)。

ミクロマンはもちろん別売りです。

 

 

そしていよいよロボットマンです!!

正面

嫁さんからは、このロボットマンを見て

「このハゲのどこが かっこいいの?」言われてケンカしたことがあります。

どう表現すればいいのか、わかりませんがシンプルなデザインの中に力強さとカッコ良さがあります。

 

側面

側面もカッコイイ。

何よりもこの色合いと側面のラインがたまらなく美しい。

 

 

背面

背中のキャタピラは電動で動きます。

 

 

キャノピーを開け、ミクロマンを搭乗させれます。

中に乗っているのは、ミクロマンコマンド2号のシェリフです。

子供のころに買ってもらったやつで、腕が折れていたので復刻版を買って修復してあります。

 

 

ロボットマンは電動で動きます。

脇の所に電池BOXが2か所ついていて単2電池で動きます。

今回、電池をセットして電源をONにしましたが、

残念なことにモータ音がしてキャタピラが少し動く程度でした。

復刻版といえど発売されてから、はや16年たち経年劣化で動かないのか、もう今となっては分かりませんが・・・。

 

それではロボットマンは、まりおんのおもちゃ箱へ帰ります。(ショーケースです、念のため)

 

いずれ初版品のロボットマンも、お披露目したいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます

これからも趣味の世界をぶちまけていきますので、

興味を持っていただければ、またお立ち寄りください。

 

コメント

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています